祭りバカとは俺の事(仮)

maturibaka.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 03日

琵琶湖からすま半島界隈2018 

琵琶湖からすま半島界隈2018
 天気が良かったので琵琶湖界隈へ散歩してきました。平地では紅葉はもう少しですね。
大分高度が下がって来ました。
もう少しの辛抱で秋探しに。
f0374895_17053847.jpg
界隈では秋桜が満開です。
f0374895_17070736.jpg
ちょっと色づき・・・・
f0374895_17100645.jpg
f0374895_17080164.jpg
比良山系も色付いています。
f0374895_17092851.jpg
草津市立水生植物園へ・・入場料金は300円
私は年券1,000円です。
季節がら菊でのお出迎え。
f0374895_17124174.jpg
ミニ向日葵も
f0374895_17133894.jpg
クリスマスオーナメント風のいけ込みも。
f0374895_17144799.jpg
ロータス館入口の菊の滝でしょうか。
場内は菊の香がただよってますよ。
この中には温室があり年中ハス、スイレンの多種を見ることが出来ます。
f0374895_17164776.jpg
f0374895_17190376.jpg
f0374895_17192847.jpg
f0374895_17195122.jpg
f0374895_17201799.jpg
f0374895_17214261.jpg
花影の池、パラグアイオニハスの葉が面白い。
確か富山植物園で子供さんが乗っているのを見た事があります。
f0374895_17232944.jpg
f0374895_17255238.jpg
ハッピー・ハロウィン・・
f0374895_17264791.jpg
f0374895_17271452.jpg
ウーパールーパーくんも発見。白色だけと思ってましたが、黒もいるんですね。
FAした時あくびしたので撮りましたが、残念・・・ピンボケ。
しばらく眺めてほっこりさせてくれます。

今は秋で花も少なくなりましたが、夏には庭の池にスイレンの花が咲き誇ります。
是非御出かけを。


















[PR]

# by surf4883maturi | 2018-11-03 17:32 | 自然 | Comments(2)
2018年 10月 26日

亀岡祭り2018 宵宮 其の二

亀岡祭り2018 宵宮 其の二
大分寒くなってきたので、お神酒を頂きガソリン補給で見学です。
f0374895_18400322.jpg
難波山・矢田、京町、上矢田町
祇園囃子を流します。
f0374895_18432766.jpg
石畳に映えます。
f0374895_18572916.jpg
f0374895_18575995.jpg
ソーレ たたき出しのXがカッコイイですね。
f0374895_18584132.jpg
みんな楽しそうに囃してます。練習は大変なはずですが。
素晴らしい~
f0374895_18592801.jpg
f0374895_18595540.jpg
蛭子山・塩屋町
恵比寿様が御神体です。
f0374895_19001809.jpg
町屋の暖簾
f0374895_19004260.jpg
f0374895_20111062.jpg
武内山・紺屋町
f0374895_20134304.jpg
神楽囃子・・遅⇒速⇒遅と笛の合図で変化させるテンポの良いものです。
あと巡行後に戻り鉾が演奏されます。
f0374895_20172005.jpg
f0374895_20191000.jpg
最後に訪れた八幡山・西町
f0374895_20205604.jpg
f0374895_20214235.jpg
打ち込み・最初に太鼓だけでの演奏。
此の町・全ての楽器が使われます。
f0374895_20243563.jpg
f0374895_20535149.jpg
f0374895_20260467.jpg

f0374895_20265824.jpg
f0374895_20282936.jpg
f0374895_20301912.jpg
f0374895_20523510.jpg
黒の着物がかっこいいですね。みんな一生懸命にお囃子を
演奏しています。
f0374895_20321798.jpg
f0374895_20335051.jpg
翌日の9/25が本祭で旅籠町を中心に巡行が行われます。
歴史を紐解くと長い歴史があるお祭りです。
各町のお囃子の違いや、町の方々のおもてなし、又鉾の
維持にも町衆の心意気が今も息づく素晴らしいお祭りでした。

残念ながら時間なく、羽衣山と翁山、巡行は来年のお楽しみとしました。
是非、京都からJRで約30分、訪れてみてください。




















[PR]

# by surf4883maturi | 2018-10-26 23:03 | 祭り | Comments(4)
2018年 10月 25日

亀岡祭り2018 宵宮 其の一

亀岡祭り2018 宵宮 其の一
 一度行ってみたかった亀岡祭り(宵宮)へ。JR嵯峨野線で一路亀岡へ。京の奥座敷と
言われ盆地の夜は結構寒かったですが、う~んなかなか優美なお祭りでした。
f0374895_17322732.jpg
改札をでると鉾町の提灯で雰囲気UPです。鉾町11町の提灯です。
f0374895_17332503.jpg
満月で良い宵宮になりそうな予感です。
駅前から鉾町へ徒歩で向かいます。駅前はあまり雰囲気はありませんでした。
f0374895_17355697.jpg
各鉾町ではしこうを凝らしたおもてなしが・・
f0374895_17383264.jpg
最初に出会ったのが鍬山。北町。その名の通り、鍬山神社秋季大祭。
その歴史は709年に鍬山神社が創始され、現在の祭りの基礎が
1681年より旧暦9/25に本祭と成ったようです。
f0374895_17435792.jpg
カンチキチ カンチキチとリズム良くならす鉦に合わせて心地よいお囃子です。
笛、太鼓、鉦で囃されます。祇園さんのイメージです。
つなぎ、地囃子、鍬山の三種類の囃子をお持ちです。
やっぱり、お祭りのお囃子は子供が主役です。
f0374895_17485646.jpg
f0374895_17534877.jpg
続いては三輪山。本町
f0374895_17551045.jpg
f0374895_17555396.jpg
獅子の打ちこみ、獅子、ソコタタキミッツの三種の囃子が聞けます。
獅子の口唱歌は口頭伝承との事です。
f0374895_18004744.jpg
f0374895_17574643.jpg
いわゆる提灯山でしょうか。
f0374895_18030914.jpg
きましては、辻を曲がればお囃子が聞こえて来ます。
高砂山・柳町
f0374895_18054787.jpg
次郎というお囃子で人を呼び込む時の長い曲で、笛がきれいなお囃子です。
f0374895_18075716.jpg
f0374895_18082526.jpg
辻にはあんどんの路として各町が行燈をせっちして
いい雰囲気です。町々で作りは違います。
f0374895_18111792.jpg
稲荷山です。新町・旅籠町
満月が綺麗です。
f0374895_18143742.jpg
f0374895_18154837.jpg
亀岡・あんどんの路 なかなかいい感じです。
f0374895_18170556.jpg
浦島太郎モチーフの行燈に誘われ
f0374895_18182669.jpg
浦島山。呉服町
f0374895_18200376.jpg
浦島太郎さんでしょうか・・・・亀岡の亀さんでしょうか。
なかなかの人出です。露店のある通りは混雑で賑わっていました。
各鉾でお囃子が流されて雰囲気抜群ですよ。
お神酒やこぶ茶など振る舞いも各町内会の方々が笑顔で
勧めて頂けます。

其の二に続く。



























[PR]

# by surf4883maturi | 2018-10-25 18:31 | 祭り | Comments(0)
2018年 10月 09日

米原曳山祭り2018 後宴

米原曳山祭り2018 後宴(千秋楽)
うまく仕事が休みでちょっとそこまで米原曳山祭りへ・・・・一路車で50km北上し北国街道の米原へ。
宵宮、本樂と一度通しで見たい所ですが仕事で残念。子供歌舞伎は石川県・小松市、長浜市など楽しみ
の一つです。
f0374895_22334915.jpg
米原駅前の臨時駐車場へ車を止め、街中へ・・・シャギリの聞こえる
方へ行くと、山の曳航~14:30の上演場所へ。
f0374895_22363812.jpg
今年の山番は「松翁山組」さん。旭山組、壽山組の3つの山が輪番で
浄瑠璃を奉納しています。その歴史は江戸時代後期に長浜曳山を見習って
始まったとのことです。
f0374895_22435210.jpg
曳山祭りが行われる湯谷神社です。
f0374895_22423779.jpg
曳き終わると綱を丁寧に始末します。
f0374895_22460694.jpg
狂言開始に合わせての「奏演間」・シャギリ(お囃子)
f0374895_22484642.jpg
f0374895_22491016.jpg
f0374895_22502570.jpg
まずは開演前の年長さんの舞・ごあいさつ
f0374895_22513092.jpg
f0374895_22530594.jpg
口上が終わり、出笛が終わるとすぐに三味線が弾かれ、浄瑠璃が
始まります。
f0374895_23020435.jpg
上演は「義士外伝 土屋主税」 赤穂浪士・大高源吾は討ち入り
前夜俳句の宗匠宝井其角邸を訪れる。
f0374895_23062161.jpg
お花さん。中々の芸達者で笑いを誘う名演技。
f0374895_23073779.jpg
f0374895_23082465.jpg
とそこへ其角の弟子の落合重蔵が登場。
f0374895_23100325.jpg
其角が源吾が他の大名に士官することを聞いた重蔵が激高。
f0374895_23121815.jpg
主君の仇も討たないで足蹴にされても刀も抜けぬかと。
耐える源吾。
f0374895_23152324.jpg
f0374895_23172679.jpg
別れ際に其角が「年の瀬や 水の流れも 人の身も」と源吾に上の句を
源吾は「明日待たるる その宝船」と下の句。
f0374895_23223093.jpg
其角は吉良の隣家・土屋主税の俳会へ。そこで源吾の士官話をし
源吾の妹のお園に兄をこけおろす。
そこで先日の俳句のくだりを主税に聞かせると・・
はっと討ち入りに気付き思い寝たフリをしてやり過ごす。
f0374895_23294900.jpg
f0374895_23373661.jpg
兄の不忠義に思い悩み・・・・
f0374895_23391701.jpg
自害を図ろうとするお園。
f0374895_23402979.jpg
f0374895_23410061.jpg
「宝船」のかけ句から討ち入りを察しお園に兄の心底を伝えた
その時隣家の吉良邸よりの討ち入りの音。
f0374895_23440746.jpg
見事討ち入り、仇を討った故。
f0374895_23452782.jpg
f0374895_23460031.jpg
f0374895_23465052.jpg
あっぱれ。見事本懐。
f0374895_23473124.jpg
「良くできました」と一声。約一時間の名演でした。本当に感動
したし、又是非見てみたいと思いました。継承されている
地域の方々に感謝です。
f0374895_23502451.jpg
役者さんは担がれてひけて行きます。
f0374895_23513715.jpg
f0374895_23521039.jpg
お疲れ様でした。
f0374895_23531363.jpg
千秋楽の湯谷神社へ曳航されて行きます。10/6の登り山の坂を
秋空のもと登って行きます。
f0374895_23553725.jpg
f0374895_23562243.jpg
f0374895_23565447.jpg
登り山、大変そうでが全員で力を合わせて登ります。
f0374895_23580751.jpg
f0374895_23584869.jpg
登り切りました。後は18:30~の千秋楽でお開きです。
登り山を見送って帰路に付きました。
f0374895_00003403.jpg
f0374895_00012857.jpg
帰りは秋の夕暮れで綺麗でした。米原曳山・子供歌舞伎堪能させて
頂きました。ほんと秋の良い一日になりました。




































[PR]

# by surf4883maturi | 2018-10-09 00:02 | 祭り | Comments(2)
2018年 10月 03日

京都徘徊2018 伏見界隈 その2

京都徘徊2018 伏見界隈 その2
伏見稲荷から京阪に乗り中書島へ。酒造りの街、幕末を代表する伏見へ。
まずは月桂冠大倉記念館界隈へ
f0374895_20302813.jpg
代表的な風景、十石船と月桂冠大倉
濠川を巡る遊覧船ですが、江戸時代には大阪と伏見を結ぶ輸送船でした。
f0374895_20375685.jpg

f0374895_20345792.jpg
f0374895_20351757.jpg
月桂冠大倉記念館です。内部は酒造りの歴史を勉強できます。
f0374895_20361759.jpg
f0374895_20365863.jpg
通りには歴史を感じる建物が続きます。
f0374895_20383610.jpg
黄桜カッパカントリーへ
f0374895_20393112.jpg
かっぱのマークで有名な黄桜のお酒の複合施設です。食べて、呑んで
お酒を勉強できます。
f0374895_20412794.jpg
ゴールド・河童
f0374895_20432049.jpg
お昼はこちらで・・ランチ680円(日替わり)コスパOKです。
お昼になると満席になってました。人気。
カッパの暖簾が・・
f0374895_20462501.jpg
お酒好きには堪りません。売店にはフルラインナップです。
カウンターで利き酒もOKです。美味しかったです。
f0374895_20504952.jpg
幕末の英雄・坂本龍馬がかよっていた寺田屋。1866年に襲撃事件の舞台
f0374895_20533369.jpg
濠川のほとりに龍馬とおりょうの像があります。
f0374895_20550823.jpg
三十石船乗り場、川のほとりは遊歩道になっています。
f0374895_20570857.jpg
京阪特急の8000系、6号車にプレミアムカーを連結しています。完全座席指定
で3列のシート配置で乗ったら大阪まで楽そうでしたよ。出町⇒淀屋橋500円
f0374895_21034056.jpg
で、本日最終目的地の石清水八幡宮へ、京阪色のケーブルカーで
f0374895_21062054.jpg
f0374895_21053006.jpg
f0374895_21065743.jpg
参道を行きますと
f0374895_21073751.jpg
到着
f0374895_21081993.jpg
f0374895_21092804.jpg
2016年に国宝指定された厄除け祈願で有名です。
「やわたのはちまんさん」
f0374895_21120459.jpg
深山幽谷
f0374895_21133956.jpg
本日お世話になったお京阪の1DAYチケットです。宇治・伏見エリア乗り放題+男山ケーブルもOKです。
JR,私鉄各社色々出でいますのでお得に利用してみられてはいかがでしょうか。
本日は、商売繁盛&厄除けの御利益を期待です。
今日はこれにて。また出かけます。























[PR]

# by surf4883maturi | 2018-10-03 21:19 | 史跡 | Comments(2)